わきがの対策に有効な思い込み過ぎない視点と対処法

対策で治せる

治療しなくても治せる

わきがは、本人意識していなくても周囲に悪臭を放出しています。 この悪臭の原因は、一般の人が出さない特別な汗によって発症することがわかっています。 従来までわきがは手術が必要なものだと考えられていましたが、必ずしもそのようなことはありません。 汗が原因なので、余計な汗を出さないように対策をすれば悪臭は大部分で抑える事ができるのです。 最も簡単な方法は、皮下脂肪を減らして通気性のある服を着ることです。 悪臭の原因となっている汗は、皮下脂肪に反応して臭いを悪化させる傾向にあります。 また、服を密着させると汗が気化してしまうため悪臭を放出してしまうことになるのです。 これら二つの対策をきちんと行っていれば、今後も目立った手術をすることなく臭いを抑える事ができます。

多汗症の場合は相談をする

通気性のある服や皮下脂肪を減らすことによってわきがの対策はできますが、一つだけ注意をする点があるのです。 それは、わきがを発症させている人が多汗症を発症させていた場合です。 多汗症患者にわきがが多いことは医学的な事実ですが、多汗症の場合には汗を後天的に止めることはなかなか難しいため医師に相談することが大切です。 対策としては服を変えたり皮下脂肪を減らすことで間に合いますが、多汗症の場合にはそれで間に合わない場合があります。 多汗症の人は、体質的な問題と日常生活の問題と二つの原因が考えられるためその都度対策を変える必要があるのです。 日常生活の場合には生活環境の改善で間に合いますが、体質の場合はきちんとしたケアを受ける必要があるため注意が必要です。

↑ PAGE TOP